投稿日:

いわゆる

今や どんどんGSのメンバーが終結しています。 2008年の世界金融恐慌の元凶でもあるGSの金融エリートたちが今や揃い踏みで「脱原発、太陽光発電」の狼煙を一斉にあげているわけです。

孫氏の参戦を含めて 殆どが50代です。かつて金融エリートたちが 今や「脱原発、太陽光発電」の世界で「徒党」を組みだしたわけです。
20年前 かの鄧小平氏が「黒い猫でも 白い猫でも 鼠を採る猫はいい猫だ」と言いましたが こうした外資系金融エリート達は いわゆる「鼠をいっぱい捕まえる黒い猫たち」の集団になるのかもしれません。 幕末時 実際に 15万の幕府軍が わずか4000の長州軍に惨敗したように 今の原発推進派を見ると 誰もかもどうしょうにもない連中ばかりで す。
幕末時 大久保一翁が 腹心の勝海舟を使い「徳川家を存続しつつ でも幕臣でありながら幕府の大政奉還」を企画したように いずれ体制派にも 平成の大久保一翁のような傑物が出てくるのかもしれません。自民党の河野太郎氏は たぶん絡んでくると思います。「大物」かどうかは疑問ですが。