投稿日:

へとへと

会社のマークをとって大日本製薬を「マルピー」、野村證券を「へとへと」などと呼んでました。 この程度ならまだいいのですが、では「おっぱい」は? 

森永乳業です。 最後に強烈なのを一つ。 「日窒工業」。 何と呼ばれてたかはご想像にお任せします。そのものずばりでした。 白昼堂々と、オフィスの中で支店長が「お〇〇こ5万カイ~」などと絶叫する会社など、世の中広しと言えどそうはありますまい。 旧き良き時代のおはなしでした。
初物、以前HONDAのNSXを買ったとき、年配の営業所長が言っていた。 「車はキカイモンですからね、1台毎に個性がある。昔はクセがひどかった。私たちは1台ごとにクセを見極め、扱ったものです。今は昔ほどではありませんけどね。」 「キカイモン」という言葉に感動した。「機械もの」という意味だろうが、こんな的確な言葉、日本語以外にあるか? 飛行機はどんなに最先端の技術の集結であるとしても、究極の「キカイモン」である。そして「キカイモン」は実用化されて以降も改良と改善が繰り返され、完成形となるのである。