投稿日:

ダメージ

衝突事故や高い所からの落下など、とても強い負荷が身体にかかった場合は、複数の部分に骨折が齎されたり、複雑骨折となったり、ひいては内臓が損壊してしまうこともあり得ます。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったことで、結果的に膵臓からはほとんどインスリンが分泌されなくなってしまって発症に至るという自己免疫性の糖尿病です。
素人が外から眺めただけでは骨折したかどうか分からない場合は、違和感のある箇所の骨をごく弱い力で圧してみてください。もしその箇所に激しい痛みが走れば骨が折れているかもしれません。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する数十年に及ぶ追跡調査の結果において、体の大きな大人よりも体の小さな子供のほうが放出された放射能の深刻なダメージを受容しやすくなっていることを痛感します。
内臓脂肪過多の肥満が診られ、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2〜3項目一致する健康状態を、内臓脂肪症候群と言っています。
我が国における結核対策は、1951年制定の「結核予防法」に準ずる形で促進されてきましたが、56年後の2007年から多くの感染症と一まとめにして「感染症予防法」という法律に沿って遂行されることに決定しました。
陰金田虫(インキンタムシ)は20〜30代の男性患者が多く、原則として股間の周辺だけに拡大し、激しく身体を動かしたり、入浴後のように身体が熱くなると強い痒みを招きます。
HIV(human immunodeficiency virus)を持っている精液や血液の他、女性の母乳、腟分泌液といったあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜や傷口などに触れることにより、感染のリスクがあります。
塩分と脂肪の摂取過多を中止して手ごろな運動を心がけ、ストレスを蓄積しすぎないような暮らしを意識することが狭心症を起こす動脈硬化を予め防止するコツだといえます。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が満了してから約30日後には、市場のおよそ80%がジェネリックに切り替わるという飲み薬もある位、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は各国に浸透しているという現実があります。
脂漏性皮膚炎というのは皮脂分泌の異常が原因でもたらされる発疹で、皮脂の分泌が異常をきたす要因としては生殖ホルモンのバランスの崩れ、ナイアシンなどビタミンB複合体の不足等が関わっています。
UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという特徴があるため大気中にあるオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地表に届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけたりして、肌に良くない影響を与えることが明らかになっています。
目と目を合わせることなどで、人間がセラピーキャットのことをとても愛おしく感じることで「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌された結果、ストレスを減らしたり心のヒーリングなどにつながるのです。
突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹痛・悪心・下痢に見舞われる位で済みますが、バイ菌の感染による腸炎の場合はひどい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに高熱も出るのが相違点だといえます。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことやタバコを吸う事・アルコールの常飲・肥満といったライフスタイルの質の低下、ストレス等により、殊に日本人に多く発病している病気だといえます。