投稿日:

主菜

平成17年2月以降トクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促すキャッチコピーの印字が義務化している。
肝臓を健やかに保つには、肝臓の有害物質を無毒化する力が低くならないようにする、言いかえれば、肝臓を老けさせない対策を開始することが効果的だと言われています。
陰金田虫(インキンタムシ)とは、正式には股部白癬と言われており、かびの一種の白癬菌が股部、陰嚢、尻などの場所にうつってしまい、定着する病気のことで即ち水虫のことです。
過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、日々のストレス、加齢など複数の誘因が混ざり合うと、インスリンの分泌量が低下したり、働きが衰えたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病に罹患することになります。
1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまうことから、結果的に膵臓からは微々たる量のインスリンしか出なくなり発病してしまうという生活習慣とは無関係の糖尿病です。
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大方は腹痛・悪心・嘔吐・下痢に見舞われる位で済みますが、バイ菌の感染による腸炎の場合は凄まじい腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・下痢の他に38度以上の高熱が出るのが通例だといえます。
チェルノブイリ原子力発電所の事故のその後の追跡調査のデータをみると、体の大きな大人よりも体の小さい子供のほうが広まった放射能の悪い影響をより受容しやすいことが読み取れます。
物を食べるという行動は、食べようと考えた物をなんとなく口に入れたら数十回噛んで飲み下すだけだが、そのあと身体はまことに健気に働き続けて異物を人体に取り込むように励んでいるのだ。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も多い中耳炎で比較的小さな子供に起こりやすい病気です。耐え難い耳の痛みや高熱、ひどい鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(耳だれ)などの色々な症状が出るのです。
痩せたいあまりにカロリー摂取を控える、ほとんど食べない、そんな暮らし方がひいては必要な栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性をもたらすことは、頻繁に問題視されていることです。
加齢が原因の耳の聞こえ辛さではゆっくりと聴力が低くなるものの、一般的に還暦過ぎくらいまでは聴力の衰退をはっきり認識できないものです。
複雑骨折により大量出血した時は、低血圧になって眩冒や体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、意識喪失などの脳貧血の症状が誘引されることがよくあります。
クモ膜下出血は9割弱が「脳動脈瘤」という血管にできる不要な瘤(コブ)が破裂して出血してしまうことが要因となって発症する深刻な病気として知られるようになりました。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特徴があるため大気中に存在するオゾン層でその一部分が吸収されますが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を傷つけてしまうなど、肌に良くない影響を与えます。
衝突事故や作業現場での転落など、かなり大きな外力が身体にかかった場合は、複数の個所に骨折が生じたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、さらに重症の時は内臓が負傷してしまうこともあるのです。