投稿日:

作用

30〜39才までの間に更年期になるとしたら、医学的な言葉で表すと「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病気のことを指します(日本では40歳以下の比較的若い女性が閉経する状態を「早期閉経」と称します)。
トコトリエノールの作用の中では酸化を防ぐ働きが一際知られてはいますが、それ以外にも肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの産生を抑制したりするというようなことが確認されています。
世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、有害なUV-A波の浴び過ぎが皮ふに健康障害を起こすとして、19歳未満の男女がファッション感覚で日サロを利用する活動の禁止を広く世界各国に喚起しています。
人の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に区別されますが、中耳付近に様々なバイ菌やウィルスなどが付着し、炎症が発症したり、液体が滞留する病気が中耳炎というわけです。
陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学的に股部白癬という名称で、カビの仲間である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、お尻などの部分に何らかの理由で感染、寄生する病気の事で簡単に言うと水虫です。
近年患者数が増加している花粉症とは、山の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの草木の花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・微熱・鼻詰まり・鼻水などのアレルギーを主訴とする病気だといえます。
AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因となって生じるウイルス感染症であり、免疫不全となり些細なウイルスなどによる日和見感染やがん等を発症する症候群そのものの事を指し示しているのです。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番多い中耳炎で小さな子どもに発症しやすい病気です。強い耳の痛みや38度台の発熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏などのさまざまな症状が出るのです。
結核の原因となる結核菌は、人間がゴホゴホと「せき」をすることで室内に振りまかれ、空中でフワフワ飛んでいるのを他人が空気と一緒に吸い込むことにより次々に感染します。
「いつも時間に追われている」「面倒くさいいろんな人間関係が嫌」「先端技術や情報の進化に追いつけない」など、ストレスを受ける状況は人によって違います。
高血圧の状態が長い間継続すると、全身の血管に大きなダメージが与えられ、頭のてっぺんから足の爪先までありとあらゆる血管に障害がもたらされて、合併症を誘引する率が拡大します。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、5日前後きちんとお薬を飲めば、一般的に90%近くの人の自覚症状は良くなりますが、かといって食道の粘膜の炎症反応自体が完全に引いたことを意味しないのです。
下腹部の疼痛を起こす病には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、卵巣の疾患など、様々な病名が聞かれるようです。
陰金田虫(いんきんたむし)は20代〜30代の比較的若い男性に多く、ほぼ股間の周辺だけに広がり、走ったり、お風呂上りのように体がポカポカ温まると激しい掻痒感を感じます。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、様々なアミノ酸をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーを活用するために必要な回路へ取り込ませるために更に分解させるのを助長する機能もあると言われています。