投稿日:

報道によれば

よく見られるのは、日本のメディアが「政治家がこんなことを言った・やった、これは右傾化だ」というニュアンスの報道を行い、それを海外メディアが翻訳配信するパターンです。

ここで注意しなければならないのは、どの国・国民でも概ね同様ですが、名の通ったメディアから配信されると、それがその国全体の真実を代表しているかのように、 浮気 証拠相手国から受け取られてしまいかねない、ということです。 例えば憲法改正に関する某国のメディア報道を見ていると、
(1)朝日新聞(という日本の大手新聞)の報道によれば、
(2)憲法改正は軍国主義化の第一歩であり
(3)多くの日本国民も反対しているが、
(4)右傾化した現政権が強硬に改正しようとしている といったトーンが一般的で、
朝日新聞の論調があたかも日本国民全体を代表しているかのように報じられています。
つまり朝日新聞の名前を使うことで、日本国民だってみんな反対していることなのだ、という国内宣伝に利用されています。