投稿日:

実際の調査担当

夫か妻のどちらかが浮気や不倫をやったという場合は、もう一方の被害者は、自分の配偶者の貞操権侵害による精神的な痛手に対しての法律上も慰謝料が発生し、損害賠償を支払わせることが認められます。

調査の際の着手金とは、実際の調査担当者に支払う給料や情報の収集をする局面で要する費用の名称です。実際の費用は調査する探偵社ごとに全く違います。

付き合っていた相手から思いがけない慰謝料の支払い請求を起こされたとか、セクハラの被害にあったとか、その他いろんな種類のお悩みに対応できます。ご自分一人で悩むのはもうやめて、一度は弁護士をお訪ねください。

ちょっとでも怪しまれてしまうことがあると、そこからは証拠を見つけるのが出来なくなるのが不倫調査なんです。こういったわけで、調査経験が豊富な探偵を見つけることが、最優先されるべきことだと言えるでしょう。

人によってバラバラなので、細かな金額を出せないのですが、既婚者の浮気である不倫で最終的に離婚したとおっしゃるのであれば、慰謝料の金額っていうのは、100万円以上で300万円くらいまでというのが平均的な額です。