投稿日:

終わり

気分障害の一種であるうつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが足りず、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、焦燥感、極端な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの危険な症状が2週間以上続きます。
吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というものは咽頭から肺に達している気道(呼吸器の一つ)から出血することで、吐血は十二指腸より上部にある食道などの消化管から出血する症状のことを表しています。
何か物を食べる時は、食べる物を気軽に口へ入れて20回前後咀嚼して飲み込んで終わりだが、それから体は本当によく活動し異物を人体に取り入れる努力を続けているのだ。
学校や幼稚園等大勢での団体生活の中、花粉症の症状のせいでクラスの皆と一緒に楽しく動くことができないのは、患者さんにとっても残念なことです。
寝姿を見ることで、患者さんが犬のことをすごく愛おしいと思った時にオキトキシンというホルモンが多く分泌された結果、ストレスを低減したりヒーリングなどに結びついているのです。
日常的に肘をついた横向きの状態でテレビ画面を見ていたり、思いっ切り頬杖をついたり、かかとの高い靴等を毎日履くというような癖や習慣は身体の上下左右の均衡が乱れる因子になります。
狭心症(angina pectoris)の外科手術としてはほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術」という2種の手術が高い確率で扱われています。
くも膜下出血(SAH)は9割近くが「脳動脈瘤」と言われる脳内の血管の不必要な瘤(こぶ)が裂けてしまうことが理由となって罹患する脳の病気として認識されています。
通常の場合骨折を起こさない位のごく弱い力でも、骨の限定されたエリアだけに複数回にわたり途切れることなくかかることによって、骨折することがあるので油断できません。
BMI(体重指数)の計算式はどの国にも共通していますが、BMI値の位置づけは国家によって異なっており、(社)日本肥満学会ではBMI22が標準体重、25以上を肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と位置付けています。
体を動かすのに必要なエネルギーの源として瞬時に機能する糖質、人の新陳代謝に絶対欠かせない蛋白質など、無理な痩身ではこの体調を整えるために外すことのできない栄養成分までもを減らしてしまっている。
脚気(beriberi)の症状は、手や脚がしびれたり脚の浮腫などがよく見られ、病状が進むと、深刻な場合、呼吸困難に陥る心不全も連れてくる可能性があるとのことです。
人の耳の構造は、大まかに「外耳」「中耳」「内耳」の3つに大別することができますが、中耳の近くにばい菌やウィルスがうつることで炎症が発生したり、体液が滞留する病気が中耳炎なのです。
体脂肪量にはさして変化がなく、体重が食物摂取や排尿等で一時的に増減する際、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減ったら体脂肪率が高くなることがわかっています。
高齢化による耳の遠さではじわじわと聴力が低下していくものの、一般的に60歳くらいまでは聴力の衰えを確信を持って自認できません。