投稿日:

表現できるかではないだろうか?

そもそも、声優は、あくまで俳優業の一部であり、テレビ創世記には俳優も声優をしていたのだ。
実例として二代目黄門様こと西村晃氏がいる。

彼は、『劇場版ルパン三世 ルパン対複製人間』のマモーを演じていた。 他にも愛川欽也などもアニメのキャラを演じていた。 今でも年配の声優さんの中には『自分は俳優だ』と自負している人もいる。 もっとも、今は山寺宏一などが普通にドラマに出るし、アイドルのような扱いを受けている人もいる。 また、大泉洋のように普通に声優の仕事をこなすタレントもいる。
声の綺麗な人ならば普通のサラリーマンでも主婦でも多くいる。 問題なのは、声やしゃべり方ではなく、如何にキャラクターの心情に自分が近付いてそれを表現できるかではないだろうか? ただ、普通のアニメ制作ではタレント起用はあまり気の進まない話らしい。
理由はスケジュールや一部タレントの態度などの問題だ。 もし、ジブリアニメがこのままの状態なら、そう遅くない時期にスポンサーが離れ、自己破産するかもしれない。アリエッティは見ていた時の感想は、『美術館の絵画を二時間スライドショーで見せられた気分』でした。