投稿日:

観察し計算をする。

民主党政権は官僚に任せていたものも全部目を通すと最初は意気込んでいたが、今まで官僚や事務方が分担していたことに目を通すだけでも疲れる。

結果として資料の読み込みの浅さなどが露呈し、現場などが混乱する。
特に大臣の発言は国の方向性を示す舵である。 大海原を船で移動するとき。 船長や操縦士が勝手に気分で舵を左右に回したら、乗っている客は気持ち悪くなるし、荷物なども壊れてしまう。 船を動かすには艦長や船員は常に風や波などを観察し計算をする。
だが、菅総理を始め民主党を見ていると、闇金相談 岩手一応役割はあるけど誰も責任を取らず自分勝手に舵を切って放りっぱなしである。 ただでさえ、大震災や原発事故などの嵐の中にいるのに、本人たちはまるで気がつかない。 船内に入ってきた水を我々が必死で海に捨てている状態だ。 いい加減にして欲しい。
最近、テレビや雑誌を見るたびに思うことがある。 それは、今の貧乏と昔の貧乏は意味も性格も違うと言うことだ。